配合している

いつまでも若い

元々グルコサミンは主に欧州において1960年代から研究が行われており、その後に変形性膝関節症にも改善効果があることが臨床報告されていました。
しかしこの成分が医薬品としての許可を得ていない米国や日本ではその関心が低いのが現状でした。
しかし1997年にある医師がアメリカで出版した本で、そのグルコサミンの健康効果と美容効果を紹介すると大きく注目されるようになります。
折しも米国では3年前に栄養補助食品健康教育法が制定されて、サプリメントの販売量が伸びつつある時期でした。
そのためすぐにグルコサミンのサプリメントが登場することとなり、手軽に膝関節症の改善や一緒に含まれるコラーゲンなどの保湿成分による効果が注目され、美容と健康に大きな革命を起こすことになり、日本でもすぐにブームが飛び火することになります。

正しくグルコサミンサプリメントの効果を最大限に得るためには、必要摂取量や飲み方などの知識を持っておくのが有効です。
まず必要摂取量ですが、1日の目安量は1000mgから1500mgのグルコサミンを摂るのが良いされています。
元々体の中にある成分のため過剰に摂取をしても副作用は起こりにくいですが、多く摂取をしても体内に吸収されずに無駄となってしまうので、適量を常に摂取し続けることが大事です。
次に飲み方に関する知識ですが、薬ではないため特に飲む時間帯に決まりはありません。
自分の生活スタイルに合わせることができますが、食後の方が吸収率が上がります。
また摂取をするときには常温の水で飲むのが一番吸収率も良くなります。